HOME > 登記を司法書士に頼んだ場合の費用一覧

登記を司法書士に頼んだ場合の費用一覧

司法書士は、報酬の自由化が行われ、それぞれの司法書士によって報酬額は異なります。なるべく安く、しっかりと仕事をしてくれる司法書士を探すべきです。

しかし、登記をする機会など滅多になく、司法書士の報酬が高いのか、安いのかさえわかりません。そこで、当サイトが独自に調査した司法書士報酬の平均額を書いておきます。

一般的に、不動産を購入するときは、不動産屋さんの知り合いの司法書士などが登記をすることになりますが実は、基本的には司法書士は自分で選ぶことができます。
不動産屋さんの決めた人でなくてもいいということです。怖がらずに、不動産屋さんに聞いてみてください。

また、建売などの新築物件は、契約であらかじめ司法書士が決まっている場合もあります。この辺は、不動産屋さんと相談してみてください。

当サイトが独自に調査した司法書士報酬の平均額を発表します。

▼以下は司法書士に依頼したときの平均費用です。

■相続に伴う所有権移転登記(=相続登記)の場合

所有権移転登記 8万円
戸籍収集費 1万円
遺産分割協議書作成 3万円
交通費 0.2万円
登記簿謄本取得税実費(全ての司法書士で同額)
登録免許税実費(全ての司法書士で同額)
合計 12.2万円+税実費


東京国際司法書士事務所 の場合
相続登記だけおまかせプラン
相続登記の完全代行+遺産分割競技書の作成+納得いくまで何度でも質問可
約9万8千円 (+税金)
>>相続登記だけおまかせプランの詳細はこちらから


■中古不動産を買った場合など(ローンを組む)

所有権移転登記+抵当権設定登記のセット 9万円
登記識別情報有効確認・住宅家屋減税証明取得 1.5万円
立会料・日当 3万円
交通費 0.2万円
登記簿謄本取得税実費(全ての司法書士で同額)
登録免許税実費(全ての司法書士で同額)
合計 13.7万円+税実費

■新築の家を買った場合など(ローンを組む)

所有権保存登記(建物)+抵当権設定登記のセット 10万円
登記識別情報有効確認・住宅家屋用証明取得 1.5万円
立会料 2.5万円
交通費 0.2万円
登記簿謄本取得税実費(全ての司法書士で同額)
登録免許税実費(全ての司法書士で同額)
合計 14.2万円+税実費

■住宅ローンを払い終わって、抵当権抹消をする場合

抵当権抹消登記 2.8万円
交通費 0.2万円
登記簿謄本取得税実費(全ての司法書士で同額)
登録免許税実費(全ての司法書士で同額)
合計 3.0万円+税実費


■相続の手続きを代行する場合

>>こちらをご覧ください

通常不動産屋から渡される見積書には、「登記費用」としての金額しか書いてありません。この登記費用は、登録免許税+司法書士の報酬の合計になります。

よく、司法書士への支払いが、かなり高額で納得いかないという方が多いのですが、ほとんどの方は、この「登記費用」すべてが司法書士への報酬だと勘違いしているようです。ですので、不動産屋さんに、司法書士の報酬をしっかり聞いてください。

上記の司法書士の報酬は、都市部の場合です。地方や郊外の物件などは、もっと安い場合もあります。

逆に、高級住宅街エリアの物件や独占状態にあり価格競争が機能しない事務所、リベートが含まれている(法律上は禁止されています)場合は、もっと高額になることもあります。

東京近郊(東京・千葉・埼玉・神奈川)で
相続に関する登記や生前贈与に関する質問
をお受けしています。
大変申し訳ありませんが、売買や保存登記に関する質問はお受けできません。

不動産登記、相続登記の無料メール相談

関連記事
不動産登記とは?なぜ不動産登記が必用なのか
不動産登記が必要な4つのケース|売買・贈与、新築、相続など
法務局とは?法務局の登記申請手続きについて