HOME > 司法書士の報酬額は?|相続登記費用の相場

司法書士の報酬額は?|相続登記費用の相場

司法書士は、自分で選びましょう

司法書士は、報酬の自由化が行われ、司法書士によって報酬額は異なります。
なるべく安く、しっかりと仕事をしてくれる司法士を探すべきです。

相続登記をする場合、司法書士を自分で選ぶことができます。

信託銀行/相続手続きセンター/法律事務所の場合の費用を比べてみましょう。

■相続手続きを代行してもらう場合の一般的な費用

(例) 相続財産3000万円の不動産+銀行口座2件の場合

信託銀行A の場合
最低料金:105万円
専門家費用
税金(消費税+登録免許税)
その他の費用
約130万円

相続手続きセンターB の場合
最低料金:15万円
専門家費用
税金(消費税+登録免許税)
その他の費用
約40万円

法律事務所C の場合
着手金:23万円
事後報酬:23万円
専門家費用
税金(消費税+登録免許税)
その他の費用
約70万円

※登録費用税とは、登記をする際に、誰がやっても必ずかかる税金のことです。
3000万円の不動産を相続する場合、12万円かかります(2013年3月6日現在)


■安くて、相続登記に詳しい司法書士を探す3つのポイント

1、価格が明確か?
→費用の○○%〜などわかりづらい場合、問い合わせてみましょう。

2、親身に相談にのってもらえるか?
→相談は無料か?わからないことを何回でも相談できるか?チェック!

3、実績はあるか?
→『お客さまの声』などをチェック!

■当サイトが自信と責任を持ってオススメする司法書士

相続登記と生前贈与に強い、相続の専門家 『東京国際司法書士事務所』では
一律料金と手続きの完全代行にこだわり、安心してスムーズに手続きできます。

(例) 相続財産3000万円の不動産+銀行口座2件の場合

東京国際司法書士事務所 の場合
相続手続き丸投げパック
不動産登記1件につき【一律】 9万8千円× 1
銀行口座の相続1件につき【一律】 5万円×2
=19万8千円 + 税金(消費税+登録免許税)
これだけの費用で、相続の手続きを全てお引き受けします!
>>相続手続き丸投げパックの詳細はこちらから

信託銀行/相続手続センター/法律事務所の費用と、比べてみてください!

東京国際司法書士事務所では、相続対策コンサルタントの鈴木としひろさんが、相続登記だけでなく、相続に必要な手続きを全て、あなたの代わりに完全代行してくれます。
しかも、一律19万8千円(+税金)という低料金。

司法書士を選ぶ際、費用も重要ですが、複雑で問題が起きやすい相続の手続きは、相続の専門家にまかせるのが一番確実です。
>>相続手続き丸投げパックの詳細はこちらから

「相続登記の費用を安く抑えたい」「相続に詳しい専門家に、相談したい」という方は、どんなに小さな質問でも、ご気軽にお問い合わせください。

東京近郊(東京・千葉・埼玉・神奈川)で
相続に関する登記や生前贈与に関する質問
をお受けしています。
大変申し訳ありませんが、売買や保存登記に関する質問はお受けできません。

不動産登記、相続登記の無料メール相談

さらに 「相続手続きは、自分でできるから、相続登記のみやってほしい」という方のため
『相続登記だけおまかせプラン』をご用意いたしました。

(例) 相続財産3000万円の不動産の場合

東京国際司法書士事務所 の場合
相続登記だけおまかせプラン
相続登記の完全代行+遺産分割協議書の作成
約9万8千円+消費税+登録免許税

>>相続登記だけおまかせプランの詳細はこちらから

関連記事
不動産登記とは?なぜ不動産登記が必用なのか
不動産登記が必要な4つのケース|売買・贈与、新築、相続など
法務局とは?法務局の登記申請手続きについて