HOME > 不動産登記に必要な費用

不動産登記に必要な費用

不動産登記をするときには、通常、登録免許税+司法書士への報酬がかかります。

この登録免許税というものは、国に払う税金で、必ず支払わなければいけません。
しかし、登記を自分でやれば司法書士の報酬はかかりません(かなり大変ですが・・・)

不動産を購入した場合、不動産屋さんが
 「知り合いの司法書士はいますか?」
と聞いてきます。このときに、
 「いません。(普通はいないですから 笑)」
と答えると、
 「ではうちのほうで頼みます。」
と言ってきます。
この司法書士は、通常で頼むより高額な場合が多いです。そもそも、司法書士によって、報酬額は変わります。

一般的な司法書士費用は、居住用の中古物件で、ローンを組んで買う場合ならば、10万円〜18万前後です。
内訳は、例えば
所有権移転登記+抵当権設定登記のセット=9万円
登記識別情報有効確認及び住宅家屋減税証明取得=1.5万円
立会料・日当=3万円
交通費=0.2万円
登記簿謄本取得税実費(全ての司法書士で同額)
登録免許税実費(全ての司法書士で同額)
合計 13.7万円+税実費

といった感じです。この他に立会い料や、遠方なら旅費宿泊費がかかります。

新築の家を買った場合の一般的な司法書士費用は、少し安くなって、9万円〜16万前後です。
内訳は、例えば
所有権移転登記+抵当権設定登記=10万円
登記識別情報有効確認及び住宅家屋用証明取得=1.5万円
立会料=2.5万円
交通費=0.2万円
登記簿謄本取得税実費(全ての司法書士で同額)
登録免許税実費(全ての司法書士で同額)
合計 14.2万円+税実費

住宅ローンを払い終わって、抵当権抹消をするときの一般的な司法書士費用は、2万円〜4万前後です。
内訳は、例えば
抵当権抹消登記=2.8万円
交通費=0.2万円
登記簿謄本取得税実費(全ての司法書士で同額)
登録免許税実費(全ての司法書士で同額)
合計 3.0万円+税実費

相続に伴う所有権移転登記は、複雑な手続きなるのでやや報酬は上がり、一般的な司法書士費用は、10万円〜18万前後です。
内訳は、例えば
所有権移転登記=8万円
戸籍収集費=1万円
遺産分割協議書作成=3万円
交通費=0.2万円
登記簿謄本取得税実費(全ての司法書士で同額)
登録免許税実費(全ての司法書士で同額)
合計 12.2万円+税実費

司法書士に登記を頼むのであれば、リーズナブルでしっかり仕事をしてくれる司法書士さんにお願いしましょう。価格だけでなく、専門性で選ぶことも重要です↓↓↓↓↓

■当サイトが自信と責任を持ってオススメする司法書士事務所

相続登記と生前贈与に強い、相続の専門家 『東京国際司法書士事務所』なら一律料金と手続きの完全代行にこだわっているので、安心して相続手続きを丸投げできます!
>>相続登記と遺産相続手続きの無料相談

東京近郊(東京・千葉・埼玉・神奈川)で
相続に関する登記や生前贈与に関する質問
をお受けしています。
大変申し訳ありませんが、売買や保存登記に関する質問はお受けできません。

不動産登記、相続登記の無料メール相談

関連記事
登録免許税
軽減税率を住宅に適用させるためにはどうすればいいのか?
登録免許税は結局、誰がいくら負担する?(不動産売買の場合)